Structural Metallic Materials
Processing, Micro/Nano-structures & Mechanical Properties
Physical Metallurgy & Mechanical Metallurgy

ニュースニュース一覧へ

2022/01/30
書籍
Springer社より書籍"The Plaston Concept"を出版しました。オープンアクセスとなっていますので、以下のリンクよりダウンロードいただけます。

“The Plaston Concept: Plastic Deformation in Structural Materials”  Editors: Isao TANAKA, Nobuhiro Tsuji, Haruyuki INUI, Springer, Singapore (2022)  ISBN 978-981-16-7714-4, 978-981-16-7715-1 (eBook)

本研究室教授の辻が"Proposing the Concept of Plaston and Strategy to Manage Both High Strength and Large Ductility in Advanced Structural Materials, on the Basis of Unique Mechanical Properties of Bulk Nanostructured Metals"と題された章を執筆しました。

978-981-16-7715-1.jpg
2022/11/24
研究室ゼミ
ティータイムセミナー:朝田 (M2)、Lau (M2)
2022/11/22
研究室ゼミ
研究報告:西川 (B4)、上田 (B4)
2022/11/22
論文発表
Dr. Okada(現・NIMS)による以下の論文がScripta Materialia, Vol. 224に掲載されました。
"Improvement of resistance against hydrogen embrittlement by controlling carbon segregation at prior austenite grain boundary in 3Mn-0.2C martensitic steels"○Kazuho Okada, Akinobu Shibata, Taisuke Sasaki, Hisashi Matsumiya, Kazuhiro Hono, Nobuhiro Tsuji: Scripta Materialia, 224 (2023), No.115043​​​​​​​
2022/11/17
研究室ゼミ
ティータイムセミナー:澤村 (B4)、常盤 (M2)
2022/11/17
論文発表
Rezaによる以下の論文がActa Materialia, Vol. 243に掲載されました。
"Global understanding of deformation behavior in CoCrFeMnNi high entropy alloy under high-strain torsion deformation at a wide range of elevated temperatures"○Reza Gholizadeh, Shuhei Yoshida, Yu Bai, Shu Kurokawa, Akinobu Shibata, Nobuhiro Tsuji: Acta Materialia, 243 (2022), No.118514

 

2022/11/11
論文発表
Dr. Gongによる以下の論文がScripta Materialia, Vol. 225に掲載されました。
"Compressive deformation behavior of AZ31 alloy at 21K: an in-situ neutron diffraction study"○Wu Gong, Takuro Kawasaki, Ruixiao Zheng, Tsuyoshi Mayama, Binxuan Sun, Kazuya Aizawa, Stefanus Harjo, Nobuhiro Tsuji: Scripta Materialia, 225 (2023), No.115161
2022/11/10
研究室ゼミ
ティータイムセミナー:片山 (B4)、堂野 (B4)
2022/11/07
研究室ゼミ
研究報告:八子 (D1)、Chu (Visiting PhD student)
2022/11/05
国際学会発表
<招待講演>
本研究室教授の辻ががThe 6th International Symposium on Advanced Structural Materials in Chongqing Universityにて"Mesoscopic nature of serration behavior in high-Mn austenitic steel"と題された招待講演を行いました。

Information

我々の研究室では、先進構造用金属材料のナノ・ミクロ組織制御と力学特性に関する基礎的研究を行なっています。構造材料は力学機能を最も重視する材料群であり、安全な社会の発展に必要不可欠なものです。我々は相変態・析出・再結晶や超強加工などによる金属材料中のナノ・ミクロ組織の形成原理を解明し、得られた組織と強度・延性・破壊特性などとの関連性を明らかにしています。特にBulk Nanostructured Metals(バルクナノメタル;超微細結晶粒組織を有するバルク金属材料)の研究では世界をリードしています。学生諸氏や若い研究者が先端的な研究を通じて自分たちの能力を磨き、自立的に発展させることのできる環境づくりを心がけています。外国人留学生・研究員も数多い国際的なメンバー構成の下、他大学・研究所や産業界との連携も積極的に行い、各自の自主性を重視した活発な研究を行なっています。

Dpt Movie2